お役立ち情報 #3 重要なデータの安全な通信方法は

重要なデータの安全な通信方法は

 
メールの送信ボタンを押して「あ〜!」っていう経験はありませんか?。
慎重なあなたなら、まだ無いかも知れませんが、世の中の多くの人が経験しているようです。 メールは身近で手軽なのですが、意外と危険なツールです。

あっ!という経験

 
誤送信をしなくても、送信時や受信時に盗聴されることがあります。(メールでも「盗聴」って言うんですね)
ネットワークに流れるパケットを捉える悪人御用達ツールがいくらでも存在します。
 
また、メールでは送信できない大きなファイルだとCD・DVD・スマートデバイスなどがありますが、これも紛失や盗難で「あ〜!」っていうことになったり。要注意が必要です。
 
そこで、通信を使う方法が考えられます。重要なデータを安全に相手に送信する方法、またはメールで添付できない大きなデータを送信するための幾つかの方法があります。
 
大きく分類しますと

  • 専用回線で双方をつなぐ(各通信業社が提供)
  • 1対1のホスト間でファイル転送システムを利用する(HULFT、全銀TCP/IP手順など)
  • ファイル転送システム(一定期間でデータは消滅、それまでにダウンロード)
  • オンラインストレージ(インターネット上のボリュームを共有)
 
といったサービスがあります。
 
さて、今回は「ファイル転送システム」について、ご紹介いたします。
インターネット上のサービスは、特に最近になって増えているように思います。
 
[選定のポイントは]

  • 送受信時に通信が暗号化されて、データが守られているか?
  • サーバ上でファイルが暗号化されていて、データが守られているか?
  • 送信できる容量
  • 利用規約の確認
  • 社内承認

ポイントです

サービス名称 運営会社 安全性 (通信ファイル 容量 費用
クリプト便 NRIセキュアテクノロジーズ SSL暗号化通信
AESファイル暗号化・情報セキュリティ格付けにおいて、SaaSとして最高レベルの「AAAis」を取得
2GB 有料
HULFT セゾン情報システムズ

ファイル転送の基本は、1対1のホスト同士・秘密キーで暗号・複合化する共通鍵方式・AESファイル暗号化

  有料
JP1/Data Highway 日立製作所 多重転送・SSL暗号化通信   有料
活文 Accelerated File Transfer 日立ソリューションズ SSL暗号化通信 50GB  有料
@Tovas コクヨ SSL暗号化通信 50MB  有料
eTransporter NSDビジネスイノベーション SSL暗号化通信・自動暗号化(ZIP形式) 4GB  有料
GigaCC ASP/OFFICE 日本ワムネット SSL暗号化通信 1GB  有料
SilverBullet for File Messenger Skeed SSBPとHTTP/HTTPS転送の選択が可能 2GB  有料
Smooth Fileクラウド プロット SSL暗号化通信 ・AESファイル暗号化 5GB  有料
宅ふぁいる便 エルネット SSL暗号化通信 300MB 100Mまで無料
sDrop パワーメディア SSL暗号化通信 300MB 無料
Dropjiffy Dropjiffy SSL暗号化通信 200MB 無料
データ便 データ復旧センター SSL暗号化通信 2GB 300Mまで無料
firestorage ロジックファクトリー SSL暗号化通信は有料版 4GB 250MBまで無料
FileMail Filemail AS. SSL暗号化通信は有料版 50GB 無料
おくりん坊 ビット・パーク SSL暗号化通信は有料版 40GB 250MBまで無料
FilePost(ファイルポスト) file post なし 2GB

無料

ラクスルBOX ラクスル パスワード保護・ウィルスチェック機能 2GB 無料
tenpu イノベーター・ジャパン なし 2GB 無料
BitSend ビットセンド AESファイル暗号化 容量無制限 無料
ファイルくん ファイルくん なし 50MB 無料
FileQ リソナル なし 1GB 無料
sakutto こりっち なし 10GB 無料
Cubeファイル便 キューブ・ソフト なし 1GB 無料
UP300.net メディアライブラリー なし 1GB 無料

 

ご覧の通り、当然ながら有料版の方が安全なサービスとなっています。便利なツールだけに、サービスの提供会社や利用規約をしっかりご確認された上で、ご利用されることが大事です。

 

 

 

益田 直幸

 

株式会社コーユービジネス 営業開発部

 

メールが一般的に利用されるようになったのは、ここ10年くらいでしょうか?使い始めた頃はよくわからなくて、文章を記述している途中で、送信ボタンを押して、「あ〜!」とか。BCCにするべき宛先をCCに設定して、「あ〜!」とか。なんか「あ〜!」ばかりでしたね。皆様はいかがでしたか?

 

「NRIセキュアテクノロジーズ」、 「クリプト便」は、. 株式会社野村総合研究所の商標または登録商標です。

「HULFT」、その他「HULFT」関連製品は、株式会社セゾン情報システムズの登録 商標または商標です。

「JP1」は、株式会社 日立製作所の商標または登録商標です。

「活文」は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。

「@Tovas」 は、コクヨ株式会社の登録商標 です。

「eTransporter」は、株式会社NSDの登録商標です。

「Smooth File(R)」は、プロット社の登録商標です。

「宅ふぁいる便」は株式会社オージス総研の登録商標です。

「データ便」は株式会社データ復旧センターの登録商標です。

「firestorage」はロジックファクトリー株式会社の商標登録です